28歳で余命半年のがん宣告「退院して遊びに」の思いで克服も

「生きる力」は時に奇跡的な物語をつくり出す。42歳の杉浦貴之さんは、猛烈サラリーマンだった28歳の時にがんを宣告された。余命半年、2年後の生存率 は0%とされた。しかし、“モデリング”というイメージ療法の成果もあり、今も元気だ。長野県の諏訪中央病院名誉院長でベストセラー『がんばらない』ほか 著書を多数持つ鎌田實氏が振り返る。
* * *
杉浦くんが病気と闘っていくときの武器は、イメージ療法のほかにもあった。がんの克服本の次に手に取ったのは女性のヌードが載る雑誌だったが、これが元気の素になっていた。
「退院したら風俗店に行こう」という思いもわいてきた。外泊許可が下りる頃、悪友たちが病院にやってきた。
「みんなが心配し、同情の目で見られるのがつらかった。友達にも自分自身にも、こんなに元気だからというところを見せたかった。見栄っ張りで煩悩多き人間なんです」と笑う。
結局、入院中、ややフライング気味に友達とノリノリで風俗店に行った。店では帽子をかぶったまま、女性の前で裸になった。
もし「なぜ、帽子をとらないの」と聞かれたら、「ケガをしたから」という答えまで用意していたという。そんな姿を見た女性は、杉浦くんにポツリといった。
「がんなんでしょ」
突然、頭をガ~ンと殴られた気がした。そして杉浦くんは号泣した。女性は元看護師で、子宮がんにかかり、摘出手術を受けたと話し、手術の痕も見せてくれた。
「私もがんを克服して7年。こんなに元気になったから、あなたも必ず元気になれるわよ」
そういって励ましてくれたという。入院中に出かけた風俗店で号泣、そして身も心も癒された。奇跡のような話だ。この男、何か持っている。
杉浦くんのように「自分は何か運のようなものが味方してくれているから大丈夫」と思い込む。この思い込みが、治らないはずのがんが治る大きなきっかけになった可能性が高い。

 

こういった奇跡的なことが現実的に起こっている。

2年後の生存率が0%だったのに14年たった今も生きている。

退院したら風俗店に行くんだと楽しみにして、訪れた風俗店でがんを克服した元看護師と出会う。

その偶然が本人の気持ちを前向きにし、まさかの結果をもたらした。

風俗店での話はさておき、気の持ちようである程度は何とかなるかもしれないという話だ。

こういった話は他にも聞いたことがある。

前向きに考え生きることで難病を克服するというのも、まんざらではないのかもしれない。

こういった難病に取り組みたいと考える看護師の方、看護師 好条件を参考にしていただければと思います。

キース・ムーン

1970年代にザ・フーのドラマーとして活躍したキース・ムーン。

彼はパフォーマンスとしてドラムを破壊する事に拘り、爆破までさせた。

タムとツーバスをヴォーカルのバックで効果的に鳴らすスタイルは、その後ハードロックのお手本となっており、単なるパフォーマーではなく、キースが真のドラマーであった事を物語る。

ハイハットを使わずにクラッシュ・シンバルで激しいリズムを刻んだり、オーソドックスなスタイルではなくてもザ・フーのキャッチ―な部分はしっかり生きているから凄い。

キース・ムーンのドラマーとしての人気は高く、2010年のローリング・ストーン誌における「偉大なドラマー」でジョン・ボーナムに次ぐ2位になったという。また、ミュージシャンからの評価も高い。

キースは1978年にアルコール依存治療の薬を大量に飲んでしまい、亡くなった。
破天荒な人生だった。

 

 

ニール・ヤング

カナダ・トロント出身のシンガーソングライター、ミュージシャン。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。1969年にソロデビューし、1995年にはロックの殿堂入りを果たした。

ブルーズやロカビリーなど音楽スタイルはどんどん変わり、テクノにまでいってしまうのだが、根底にロックン・ロールがあり、いつの時代にもニールヤング節がしっかりある。

弱々しくも聞こえる声が特徴的で、ギターも特にテクニックを駆使する訳ではないのにシンプルなカッテイングが非常に個性的だ。

悲哀を表現するにはもってこいの、枯れた感じが良い。

DOWN BY THE RIVERのサビの切なさを極めた美しさは、一度聴いたら耳から離れない。
ジミヘンのバンド・オブ・ジプシーズに在籍したバディ・マイルスがカヴァーしているヴァージョンも、とても良い。

 

 

 

 

ブラックサバス

1969年に結成されたイギリスの重鎮バンド。

オリジナルメンバーとしては、トニー・アイオミのひたすら重いリフと、オジー・オズボーンの妖気漂う歌唱がひたすらヘヴィだ。

個人的には、ロニー・ジェイムス・ディオやトニーマーティンが正統派のヴォーカルを聴かせるアルバムが好きなのだが、やはりブラックサバスと言えばオジーだろう。

そのダークな世界観は、メタルのみならず後年のグランジやオルタナのミュージシャン達にも多大な影響を与えており、サバスが一筋縄ではいかないバンドであることを証明している。

リトル・フィート

1969年にアメリカで結成されたロックバンド、リトル・フィート。

ローウェル・ジョージのスライドギターがとにかく際立っている。

最初の2作はブルーズ、カントリーの要素が強いが、3作目の「ディキシーチキン」でファンク的な要素を加え、リズム面で大きな変化を遂げた。

「スキン・イット・バック」や「スパニッシュ・ムーン」に見られるファンキーな路線が素晴らしい。

 

メタリカ

メタリカ1981年にジェイムズ・ヘットフィールド (Vo/G) とラーズ・ウルリッヒ (Dr) らが中心になって結成された、アメリカ合衆国のロサンゼルス出身のヘヴィメタル・バンド(後に本拠地をサンフランシスコに移した)。初期はスレイヤー、アンスラックス、メガデスと共に「スラッシュメタル四天王」の一角と言われたが、その後グルーヴ・メタル、オルタナティヴ・ロックなどへの接近をし、楽曲のスタイルも「速い」より「重い」にシフトしていった。

スラッシュメタルに留まらずに、ブラックアルバムで聴かせた多様性が、メタリカにとっての本領だったのだと思う。

ラーズウルリッヒの重い2バスと、カークハメットのスピード感溢れるギター、ジェームスヘッドフィールドのドスの効いたヴォーカルが絡み、メタルの帝王然とした近年は、より完成度を増している。

カルメンマキ

日本の女性ロックシンガーとして、草分け的な存在のカルメンマキ。

寺山修司が主催する劇団「天井桟敷」に所属し、舞台をやっていたが、歌手としても活動を始める。

その後ジャニス・ジョップリンに憧れ、ロックシンガーに。

1970年代中盤に結成されたカルメンマキ&オズは、ハードロックとプログレッシヴ・ロックが入り混じり、静と動の楽曲によるダイナミックな構成が素晴らしく、重厚なサウンドの中に野太く、時々狂気の沙汰の様なシャウトを繰り出すカルメンマキのヴォーカルはいつ聴いても凄い。

SYOYAの寺田恵子を初め、後に続く女性ロックシンガーに与えた影響はあまりに大きい。

アンスラックス

1980年代初頭より活動するニューヨークのメタルバンド。同時期にデビューしたメタリカ、メガデス、スレイヤーと並んで、スラッシュメタル四天王と称された。

二代目ヴォーカル、ジョーイ・ベラドナの頃のスラッシュメタルの印象が強いが、元アーマード・セイントのジョン・ブッシュが加入した頃にはラップスタイルもふんだんに取り入れたヘヴィー・ミュージック色も強かった。

メロディアスな歌メロをハイトーンで歌いこなすジョーイ・ベラドナが再び戻り、脱退、また戻るという展開を見せ、より広い意味でのメタルバンドとなっている。

ギタリストのスコット・イアンがハードコア・パンクやヒップホップも好む事から、メタル然としていながらもそういったリズムも加わっており、そうした音楽性が素晴らしいと思う。

ニルヴァーナ

1980年代の終わりごろから活動を初め、グランジロックを一気にメジャーにしたバンド。

1994年にカートコバーンの自殺によって幕を閉じた。

シンプルながら、陰鬱さをこれでもかと言う位に表現する音楽性で、私はアルバム通して聴くほど好きにはなれなかったが、迫力は圧巻だ。

カートコバーンはあまりエフェクターを使わず、ミスタッチ気味なノイズ音すらも楽曲の魅力の一つとしてしまう、シンプルなギターサウンドが特徴的だ。

 

クリス・インペリテリ

80年代、速弾きギタリストとして頭角を現したクリス・インペリテリ。

彼のバンド「インペリテリ」でミニアルバムをリリースした後、グラハム・ボネットをシンガーに招いてのファーストアルバムから、安定した人気を誇る。
マイナースケールを基盤とし、スイープを多用した速弾きスタイルは、常にネオクラシカルメタルのトップを走る貫録に満ちている。

数年前にアニメタルUSAに参加した時は驚いた。

クリス・インペリテリのギターには、ハイトーン・シンガーがやっぱり合っていると思う。
ロブ・ロックとのコンビが最高だ。

リフの良さが歌メロを引き立たせていて、単なる速弾きだけではないのが素晴らしく、ヴォーカル物として聴けるのが嬉しい。