ヤクルトの躍進、何が変わったのか?

昨年まで、2年連続最下位のチームのヤクルトスワローズは何が変わったのか?
4位の広島まで、3ゲーム差という大混戦のセ・リーグ。2位の阪神に0.5差をつけ首位に立ったヤクルト。
3割、30本塁打、30盗塁以上の「トリプルスリー」を確実にしている、山田哲人を中心にした攻撃力はリーグ随一である。
ヤクルトは混戦を抜け出す可能性を十分秘めている・・・。
しかし、昨年まで2年連続最下位だったチームの何が変わったのだろうか。
昨オフ、球団では近年稀に見る大型補強を行った。
先発強化のため、ロッテから成瀬善久、流動的だった遊撃を固めるため日本ハムから大引啓次をFAで補強した。
そしてメジャーリーグ・レッズから203センチ右腕のローガン・オンドルセクを獲得した。
だが、成瀬は前半戦は先発ローテーションを守ったもの、3勝8敗、防御率4.76と結果を残せなかった。
大引も前半戦は打撃不振に陥り、さらには左脇腹の肉離れで、1か月半の離脱を余儀なくされたのだ。
後半戦では本来の力を発揮しているが、成功したとは言い難い・・・。
オンドルセクこそ、勝利の方程式の一角として、60試合以上に登板をしているが、大型補強が躍進の最大の理由かと言われるとそうではない。では、ヤクルトは何が変わったのだろうか?その答えを真中満監督はこう語る・・・。
「去年まで、若い選手が経験を積んでいる段階だったんです。ミスがありながらも、様々な勉強をしてきたからこそ、今年につながっている」今季のチームの中心を担っている、山田、川端慎吾、畠山和洋、雄平、中村悠平である。
この5人が、現在までに120試合以上に出場している。
中でも23歳の山田、25歳の中村、27歳の川端は若いながらも、堂々とチームを引っ張っているのだ。
若手が活躍をし始めたことによって、確実に強いヤクルトスワローズになっていることは言うまでもない。
いよいよクライマックス突入。若手が躍進するヤクルトスワローズの勇姿を見守っていきたい。