紅白、裏のバナナマン先に発表

NHKは、11月18日、都内で定例の放送総局長会見を開きました。
そこで、お笑いコンビ・バナナマンが昨年に続いき、紅白の副音声「紅白ウラトークチャンネル」のMCに就任することを発表しました。
紅白自体の司会者がまだ発表されていないなか、「ウラ司会」が決定するという異例の逆転現象。
これに、関係者は「昨年のバナナマンさんのウラ司会は、すこぶる評判が良かった。今年もぜひお願いしたかった。」と説明をしました。
ゆる過ぎる自由トークで視聴者を楽しませたバナナマンの2人に、NHK側がいち早く白羽の矢を立てた形となりました。
一方、紅白の司会者の発表が遅れていることについては、同局の板野裕爾放送総局長は「2000年以降の記録で見ると、一番遅いときで12月8日(2005年)ということもありましたので、遅いとも思っていないし、特に選考が難航しているわけではありません」と強調をしました。司会者の発表はここ4年、10月中旬に行われていました。
今年、大みそかの紅白歌合戦の総合司会は誰になるのでしょうか?