肥満でない隠れメタボ914万人

肥満ではないのに高血圧や高血糖などの異常を複数持つ「隠れメタボリックシンドローム」の患者は全国で914万人に上るとする推計を、厚生労働省研究班がまとめたそうだ。
現在のメタボ対策は肥満を前提にしているが、肥満でなくても高血糖、脂質異常などの代謝異常が重なると心臓病などのリスクが高まるという。研究班は来年3月までに、隠れメタボの診断や生活習慣改善の指導法をまとめた指針を作成するそうだ。
研究班は、1997~2012年に国立長寿医療研究センターが実施した40~79歳の男女約4000人の健康調査データを解析。男性の10.9%、女性の13.6%が体格指数(BMI)25未満で腹囲もメタボの基準未満なのに、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上の異常を持つことが分かったという。この数字をもとに、全国で男性380万人、女性534万人の隠れメタボ患者がいると推計したとのこと。同様にメタボ患者を推計すると971万人だったという。
隠れメタボとメタボの患者は、該当しない健康な人に比べて心臓病を発症するリスクがそれぞれ1.23倍、1.45倍高かったそうだ。日本人は血糖値を下げるインスリンの分泌能が低い人が多く、痩せていても糖尿病になりやすいそうだ。運動習慣がなかったり、朝食抜きや早食いなどの悪い食習慣を続けたりすると、隠れメタボの危険性が高くなるという。
一方、4000人のデータで年齢や性別などが一致する人同士を比較したところ、1日5500歩以上歩くと代謝機能が改善することが分かったそうだ。たんぱく質やカルシウム、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の摂取も効果的だったという。
日本人は太っていなくても代謝機能などに異常が出る人が多いという。肥満対策が進められるのに対し、隠れメタボは放置されている。高齢者の寝たきりなどを防ぐためにも対策が必要だという。
太っていなくてもメタボ、というのは自覚ができないから怖い。