Amazonが動画投稿サービスを開始

米Amazon.comは5月10日、動画公開・販売サービス「Amazonビデオダイレクト」を日本を含む数カ国で開始したそうだ。米GoogleのYouTubeと同様に、故人や企業がAmazon上で動画を公開して広告で収入を得たり、動画自体をレンタル・販売できるという。
専用ページでAmazonアカウントでログインして規約に同意すれば誰でもエントリーできるそうだ。製作した動画は、Amazonビデオが利用できるすべての国で公開できるとのこと。
収入を得る方法は主に4つあり、「Amazonプライム会員による視聴時間に基づくロイヤリティ」「無料公開動画の広告収入」「動画の販売/レンタルの売り上げ」「Streaming Partners Programでの販売収入」などがある。
人気のあるクリエイターにボーナスを提供する「AVD Stars」制度もあるそうだ。毎月、プライムビデオでのトップ100のAVD作品や売り上げが好調だった作品クリエイターにボーナスを提供するという。毎月の予算は100万ドルとのこと。
日本のAmazonでも10日の深夜頃からドキュメンタリー映画や音楽コンテンツなどが急増しているという。
動画投稿で収入を得る人が今後どんどん増えていくのだろうか?